折り紙でバスの立体の簡単作り方!折り方を実体験から詳しくご紹介

折り紙でバスの立体の簡単作り方!折り方を実体験から詳しくご紹介 折り紙

街の道を走るはたらくくるまといえば

バスも人気の車の一つ。

 

大通りにはバスが停車するバス停があり、

乗り降りする人たちを見かけます。

 

だからこそ、

折り紙で車を作ろうと思ったとき、

ぱっと浮かんだのが赤いバス。

 

ミニカーの代わりにも使えて、

男の子もごっこ遊びが楽しめる、

そんな立体のバスを作ってみました。

 

では、一緒に折り紙で立体のバスを作りましょう。

スポンサーリンク

折り紙でバスを立体に折るときに使う道具

折り紙でバスを立体に折るときに使う道具

使う折り紙は2枚。

〇バスの車体部分1

赤色折り紙1枚
たて7.5cm×よこ7.5cm

〇バスの車台部分

黒色折り紙1枚
たて7.5cm×よこ7.5cm

 

7.5cmの折り紙を使ってバスを作ると、出来上がりの大きさがミニカーと同じくらいになります。

でも、小さめなので、車台を作るのが難しくなりますね。

 

大きさにこだわりがないなら、15cmの折り紙を使うのがおすすめです。

 

今回は、こちらの救急車の作り方を参考にしました。

救急車の折り紙の折り方!立体なのに簡単に作れる画像入り
街の道路を走る緊急車両といえば 救急車ですよね。 サイレンを鳴らしながら、颯爽と進んでいく姿は頼もしさを感じます。 大人気のパトカーに並んで大人気の救急車。 そんな救急車を折り紙で立体に折って...

 

折り紙でバスの立体の作り方が見当たらなかったので、参考にしてオリジナルで作りました。

作家さんの作品でないので、完成度がちょっといまいちかも。

 

でも、子どもは大喜びしてくれたのでご紹介することにしました。

 

ぜひ、一緒にチャレンジしましょう。

スポンサーリンク

折り紙でバスを立体に折る作り方

折り紙でバスを立体に折る作り方

折り紙でバスを立体に折るときは、車体とタイヤの車台の2つのパーツを作ってから組み立てます。

 

まずは、赤い折り紙でバスの車体を折ります。

折り紙でバスの立体の車体の折り方

折り紙でバスの立体の車体の折り方

折り紙でバスの立体の車体を作ります。

 

(1)裏返してから、たて半分に折ってから戻します。

よこ半分に折ってから戻して、折り目をつけます。

 

(2)上側と下側、それぞれ真ん中の横の折り目に向かって折ってから戻して、折り目をつけます。

 

(3)下側を上から1つめの折り目に向かって折ってから、戻して折り目をつけます。

(4)上側を下から1つめの折り目に向かって折ってから、戻して折り目をつけます。

 

折り目はこんな感じ。

 

(5)左側と右側、それぞれ真ん中のたての折り目に向かって折ってから、戻して折り目をつけます。

 

(6)右側を一つめの折り目に向かって折ります。

そして、上側から2つめと下側から2つめで立ち上げます。

そのとき、角になる部分を図のように折りたたみます。

このように折りたたみます。

 

(7)軽く開いてから、左側を1つめの折り目に向かって折ります。

 

(8)(6)の折り目に注意しながら、折り目で立ち上げます。

(7)の角の部分は、図のように表側に屋根のように出す感じで折ります。

(7)の部分を前から見たところ。

 

(9)屋根の先のような部分を少しだけ内側に折ります。

これでバスの車体の完成です。

 

こちらがバスの前。

こちらがバスの後ろ。

折り紙でバスのタイヤの車台の折り方

折り紙でバスのタイヤの車台の折り方

折り紙でバスのタイヤの車台を作ります。

 

(1)裏返してから、たて半分に折ってから戻します。

よこ半分に折ってから戻して、折り目をつけます。

 

(2)上側と下側、それぞれ真ん中の横の折り目に向かって折ってから戻して、折り目をつけます。

 

(3)左側と右側、それぞれ真ん中のたての折り目に向かって折ってから戻して、折り目をつけます。。

 

(4)上側と下側、それぞれ一つめの折り目に向かって折ります。

 

(5)左側と右側、それぞれ一つめの折り目に向かって折ります。90度回転してから裏返します。

90度回転したところ。

裏返したところ。

 

(6)上側と下側、それぞれ一つ目の折り目で折ってから裏返します。

裏返したところ。

(7)上側と下側、それぞれ真ん中の横の折り目に向かって折ってから、戻して折り目をつけます。。

戻したところ。

 

(8)下半分の左下の角と右下の角、それぞれ図のように三角形に折ります。

 

(9)(8)の部分を指で広げて図のように折りたたみます。

 

(10)下側を一つめの折り目で上向きに折りながら、両端を図のように中割り折りします。

中割り折りしたところ。

 

(11)(10)で折った部分で左右にある斜め上の角の部分を内側に折ります。

表の下側を図のように開きます。

 

(12)上側について、(8)から(11)の折り方で折ります。

 

 

(13)上側と下側、表の四角いタイヤがある部分を立ち上げます。

 

(14)左右の黒い部分を立ちあげて、四隅を図のように折りたたみます。

折りたたんだところ。

 

(15)四角いタイヤを8角形にして丸に近づけます。

4つのタイヤについて、下と内側は角を内側に折ります。

上は2つのタイヤがつながっているのでそのまま内側に折ります。

外側は斜めに折ります。

折ったところ。

これでタイヤの車台の完成です。

 

バスの折り紙の部品を組み立てて作る

バスの車体とタイヤの車台を作ったら、組み立てて仕上げます。

 

(1)黒の車台の上に赤のバスの車体を置きます。

車台の端には差し込めるポケットがあるので、その部分にバスの車体の下側を差し込みます。

 

これでバスの完成です。

折り紙でバスを立体に作ってみた感想

折り紙でバスを立体に作ってみた感想

折り紙で立体のバスの折り方が分からなかったので、救急車を改良しました。

フロント部分に折り紙の端があるのが少し気になりますね。

 

でも、ごっこ遊びでバスを走らせる分には影響はないかなと。

それに横から見れば気にならないし。

 

私のバスのイメージは箱型の赤色。

だから、今回作ったのが赤色バスとなりました。

 

でも、普段見かけるバスは緑色や水色などですよね。

好みのバスの色の折り紙を使って作るのもおすすめです。

 

また、窓の部分を四角形のシールや折り紙を貼るとこんな感じになります。

折り紙の窓付き立体バス

うーん。窓の形がちょっと電車っぽくなってしまいました。

私は窓は水色の付箋紙の粘着部分を使って作っています。

とっても便利ですよ。

スポンサーリンク

まとめ

折り紙でバスを立体に折る折り方をご紹介しました。

 

バスは形が四角いのでそのままではあまりバスっぽく見えません。

シールか折り紙で窓をつけた方がおすすめです。

模様を描くとなおいい感じです。

 

ぜひ、折り紙でバスを折ってみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました