ハロウィンのおばけの折り紙の簡単な折り方!1枚で作れて飾りになる

10月の盛り上がるイベント

といえばハロウィンですよね。

 

ハロウィンの人気はすさまじく、

クリスマスに迫る人気だとか。

 

そんなハロウィンに欠かせないのが

部屋や壁などを飾る飾りですよね。

 

今回は、そんなハロウィンに

ピッタリなおばけの簡単な折り方と

感想をご紹介します。

スポンサーリンク

ハロウィンのおばけを折り紙で簡単に折るときに必要なもの

ハロウィンのおばけの折り紙で簡単に折るときに必要なもの

使う折り紙は1枚。

〇ハロウィンのおばけ

白色折り紙1枚
たて15cm×よこ15cm

目を描くときは、丸シールの黒色と黒ペンが必要になります。

おばけといえば白色というイメージなので、白色折り紙でおばけを作ってみました。

でも、ハロウィンなら、黒色のおばけなど、ハロウィンカラーでおばけを作るのもおすすめです。

 

それでは、実際に折っていきましょう。

ハロウィンのおばけを折り紙1枚で簡単に折る折り方

ハロウィンのおばけを折り紙1枚で簡単に折る折り方

 

(1)折り紙をひし形に置いてから、横半分に折ってから、戻して折り目をつけます。

 

(2)左下を真ん中の横の折り目に向かって折ります。

 

(3)右下の角を真ん中の横の折り目に向かって折ります。

 

(4)(3)の折り目の裏がわを引き出して、角をつまむように折って図のように折ります。

裏側を引き出しやすいように、表を少しめくっています。

折ったところ。

 

(5)上側も(2)から(4)の手順で折り、図のように置きます。

 

(6)持ち上がった角の部分を外側に向かって図のように折ります。

この部分がおばけの手になります。

 

(7)大きなひし形の左右の角を内側に折って、手が見えるようにします。

 

(8)上の角を手の付け根に向かって折ります。

 

(9)上側の角を内側に折って、丸みを帯びた形にしてから、裏返します。

裏返したところ。

もし、おばけを少しスマートに細くするなら、左側と右側をいい塩梅のところで裏側に折ります。

 

(10)下の角を図のように左上に向かって折ります。

 

(11)左の角を下側に向かって裏側へ折ります。

これでおばけの完成です。

今回はおばけなので目を描きます。

 

(12)丸シール小の青色を黒ペンで塗りつぶしたものを目の部分に貼ります。

口を描きます。

 

(13)(12)と目の部分を少し変えてみました。

丸シール中の白色に、丸シール小の青色を黒ペンで塗って貼ったものを目にしました。

白目とおばけの白色で画像では分かりにくいですね。

でも、実際に見ると、白目の部分がシールなのでよく見えますよ。

 

(14)手順(9)で仕上げるとこんな感じになります。

少し細くしています。

おばけがぴゅーっと飛んでいく感じですね。

スポンサーリンク

ハロウィンのおばけを折り紙1枚で簡単に作ってみた感想

ハロウィンのおばけを折り紙1枚で簡単に作ってみた感想

ハロウィンにピッタリなおばけの折り方をご紹介しました。

このおばけの姿は、日本のおばけの王道ではないでしょうか。

そんなおばけが折り紙1枚で超簡単に折ることができます。

 

幼稚園や保育園で3、4歳くらいなら、このおばけを折れる子どももいると思います。

自分たちで作った飾りで部屋を飾ると、ハロウィン気分もさらに盛り上がりますよね。

折り紙遊びでおばけを作った後は、そのおばけを飾りにして楽しんでくださいね。

 

また、今回はおばけの色を王道の白色にしました。

でも、ハロウィンなら黒色や紫など、いわゆるハロウィンカラーのおばけをたくさん作って並べるのもかわいいですよ。

また、おばけの口の描き方を変えるだけでも、印象が変わって別のおばけに見えるはず。

一緒にハロウィンのおばけの折り紙作りを楽しみましょう。

スポンサーリンク

まとめ

ハロウィンの遊びや飾りにピッタリなおばけの折り方をご紹介しました。

折り紙1枚で簡単に作ることができるので、飾りを量産するのも簡単。

折り紙の色を変え、目や口の描き方を変えて、折り紙のおばけ作りを楽しみましょう。

タイトルとURLをコピーしました