すみっこぐらしのやまの折り紙の折り方!1枚で簡単かわいい作り方

すみっこぐらしのやまの折り紙の折り方!1枚で簡単かわいい作り方 折り紙

すみっコぐらしのキャラクターで
富士山にあこがれているのは
やまですよね。

温泉に出没するやまですが、
そのキャラクターのストーリーが
私のツボで大好きです。

そんなすみっコぐらしのやまを
折り紙で作ってみました。
その折り方と感想をご紹介します。

スポンサーリンク

すみっコぐらしには他にもかわいいキャラクターがいっぱい。
そんなすみっコの折り紙の折り方はこちらで紹介しています。

すみっこぐらしの折り紙の折り方!かわいいキャラクターの簡単作り方
↓ ↓ ↓ ↓
https://181kosodate.com/origami-111-4530

すみっこぐらしのやまを折り紙で簡単に折るときに必要なもの

すみっこぐらしのやまを折り紙で簡単に折るときに必要なもの

使う折り紙は1枚。

〇すみっこぐらしのやま

水色折り紙1枚
たて15cm×よこ15cm

水色ペン

それでは、実際に折っていきましょう。

すみっこぐらしのやまを折り紙で簡単に折る折り方

すみっこぐらしのやまを折り紙で簡単に折る折り方

 

(1)折り紙をたて半分に折ってから、戻して折り目をつけます。

 

(2)左側を三つ折りにし、表1枚だけ折ったまま戻します。

裏返すとこのような感じになります。

 

(3)上側を裏から下側に向かって折ります。

 

(4)右側を左側に向かって折ります。

 

(5)表を持ち上げてから、ポケット部分を指で開きながら三角形になるように折りたたみます。

このような感じになります。

 

(6)裏返してから同じように折ります。

 

(7)右側を1枚、左側に向かって折り、下側の三角形から出た部分を上に向かって図のように折ります。

このような感じになります。

 

(8)左側を2枚めくって(7)と同じように折ります。

このような感じになります。

 

(9)右側を1枚、左側に向かって折ってから、裏返します。

裏返したところ。

 

(10)右側を1枚、図のように左に向かって折ります。

 

(11)(10)の水色の端を内側に折ります。

 

(12)(11)で折った部分を右下に向かって図のように折ります。

これがやまの足になります。

 

(13)左側も(10)から(12)と同じように折ってから、表向けます。

表向けたところ。

 

(14)下側の足の部分のとがったところを丸みを帯びた形になるように裏側に折ります。

 

(15)下側の左と右、それぞれ丸みを帯びた形になるように裏側に折ります。

 

(16)上側の角を裏側に図のように折ります。

これですみっコぐらしのキャラクター、やまの完成です。

でも、これだけだと目や口がないのかわいさがいまいち。

そこで、水色ペンで描いていきます。

 

(17)やまの頂上と色の変わり目に波線を描きます。

この線を描くかどうかは好みで選んでくださいね。

 

(18)目と口を描きます。

これですみっコぐらしのやまの完成です。

スポンサーリンク

すみっこぐらしのやまを折り紙で簡単に作ってみた感想

すみっこぐらしのやまを折り紙で簡単に作ってみた感想

すみっコぐらしのやまを折り紙1枚で簡単に作ってみました。

すみっコぐらしのキャラクターのやまは、見た目富士山に似てますよね。

その正体は富士山にあこがれるちいさいやま。

温泉に出没する気持ちは分かります。

昔の温泉というか銭湯は壁に富士山が描かれていることが多かったみたいですしね。

 

そんなすみっコぐらしのやまを折り紙で折ってみました。

見た感じ飛行機に見えるかもしれませんが、やまです。

左右の山の角度がもうすこし大きめだと、よりやまっぽく見えるかもしれません。

折り紙1枚で簡単に作るのを目指したので、この形が妥協点でした。

 

今回はすみっコぐらしのやまを水色の折り紙で作りました。

朱色の折り紙で作ると、やまが温泉につかったときの赤ふじになります。

温泉を作りたくなってしまいますね。タオルもやまの頭にのせてみたい。

妄想が膨らんでいきます。

 

折り紙で作ったすみっコぐらしのやまを色紙やメッセージカードに貼ってお絵かき気分で飾りを作るのも楽しそうですね。

スポンサーリンク

まとめ

すみっコぐらしのやまを折り紙で折った時の折り方と感想をご紹介しました。

折り紙の折り方は簡単なのでぜひ作ってみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました